/

この記事は会員限定です

バイオリンの価格どう決まる? 骨董品は音色と無関係も

おカネ知って納得

[有料会員限定]

自宅を売って、3500万円で名器ストラディバリウスを買った――。昨年逝去した大阪出身のバイオリニスト、辻久子さんが残した逸話だ。なにかと高価で、値段が高ければ高いほど音色もよいイメージがあるバイオリンだが、実際のところは何が価格に影響するのか、探ってみた。

弦楽器の卸業や修理業を営む鈴木弦楽器(大阪市)を訪ねた。イタリア、ドイツ、フランスで作られた楽器の買い付けをしている。鈴木信也社長は「まず大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン