/

この記事は会員限定です

飯守泰次郎と関西フィル、ブルックナー交響曲が最終回

文化の風

[有料会員限定]

関西フィルハーモニー管弦楽団の桂冠名誉指揮者、飯守泰次郎が同楽団と12年がかりで取り組むブルックナーの交響曲全曲演奏会シリーズが25日、最終回を迎える。30年以上ともに音作りをしてきた両者にとって、集大成の演奏会となる。

ドイツ音楽に情熱

ブルックナーの交響曲は、第1~9番、第00番、第0番の全11曲。年1回ずつ公演してきたが、残る00番と0番をひとまとめにして今回演奏する。昨年度までに完結する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン