/

この記事は会員限定です

ピッコロ劇団がチェーホフ「三人姉妹」

[有料会員限定]

兵庫県立ピッコロ劇団は7月16~27日、兵庫県尼崎市のピッコロシアター中ホールでチェーホフの「三人姉妹」を上演する。両親を亡くした3人姉妹の姿を通して帝政末期のロシアの閉塞感を描いた作品で、劇団所属の島守辰明が台本を新たに翻訳、演出も担う。

ピッコロ劇団は2008年以降、「桜の園」「ワーニャ伯父さん」「かもめ」とチェーホフの四大戯曲に挑戦してきた。今公演が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン