/

この記事は会員限定です

三山敏の「花街の母」題材に芝居上演

[有料会員限定]

4月に死去した作曲家の三山敏をしのび、「『花街の母』を見る会」が12日、大衆演劇場の鈴成り座(大阪市)で開かれる。三山の代表作の一つ「花街の母」を題材にした芝居や、「釜ヶ崎人情」など作曲を手掛けた演歌を披露する。

演歌の名曲「花街の母」は、もず唱平が作詞、三山が作曲し、1973年に発表。娘を持ちながら花街の芸者として生きる女の心情を描いている。同作品をヒントに大衆演劇の俳優、若葉しげるが77年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン