/

この記事は会員限定です

ピアノ三重奏の歴史、社会史の変遷で聴く

[有料会員限定]

バイオリン奏者の長尾春花、チェロ奏者の水野優也、ピアノ奏者の水谷友彦の三重奏団「レヒネル・トリオ」は12月14日、ザ・フェニックスホール(大阪市)で18世紀末から19世紀のピアノ三重奏曲を社会史の変化とからめて聴くレクチャーコンサートを催す。

シリーズ名を「ピアノ三重奏の歴史」と題し、第1回は「弦楽器が歌い出すとき」というタイトルでハイドンのピアノ三重奏曲第25番「ジプシー」、ベートーベンのピア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン