/

この記事は会員限定です

チェコの弦楽四重奏団、解散前に京都で最終公演

[有料会員限定]

チェコを拠点に活躍し、解散が決定している弦楽四重奏団「プラジャーク・クヮルテット」が6月14日、京都府立府民ホールアルティ(京都市)で最終公演を開く。関西弦楽四重奏団との共演でメンデルスゾーンの弦楽八重奏曲を披露する。

プログラムは前半に関西弦楽四重奏団がベートーベンの弦楽四重奏曲第10番「ハープ」、プラジャーク・クヮルテットが同11番「セリオーソ」を演奏し、後半に2団体が共演する。関西弦楽四重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン