/

この記事は会員限定です

片岡仁左衛門「芸の継承、私の番」 京都・南座顔見世

文化の風

[有料会員限定]

京都の冬の風物詩である南座の顔見世興行が、4日から始まる。目玉は第2部の「松浦の太鼓」だ。主人公の松浦侯は、人間国宝の片岡仁左衛門(78)が20年ぶりに演じる。先達から受けた芸の教えを振り返って「今度は私が伝える番だ」と語る仁左衛門に、公演にかける思いを聞いた。

全て計算ずく

「松浦の太鼓」は忠臣蔵の外伝にあたる。吉良邸の隣に屋敷を構える殿様の松浦侯は、心を寄せている赤穂浪士がなかなか討ち入りし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません