/

この記事は会員限定です

ろうそくの明かりで観能 大阪・山中能舞台で

[有料会員限定]

山中能舞台(大阪市)で恒例の「ECOろうそく能」が6月18日に行われる。舞台照明にろうそくの光を用いて能の幽玄な世界に親しもうという趣向で、観世流シテ方の能楽師、山中雅志がシテを勤めて「藤戸」「昭君」などを上演する。

「藤戸」は源平合戦後、源氏方の武将の佐々木盛綱が戦場である漁師を殺し、その罪を漁師の母に責められ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン