/

この記事は会員限定です

AI脚本のオペラ、京都で初演 無秩序の中にも美意識

[有料会員限定]

人工知能(AI)が脚本を執筆した異色の新作オペラ「ロミオがジュリエット」が今月、京都市で初演された。AIを舞台芸術に活用する動きが広がっており、一つのモデルになりそうだ。

「彼女が彼女自身の腕が自分から離れていこうとするのを感じたとき、その腕の周りにベッドが巻き付いているのを見て驚いた」

会場となったTHEATRE E9 KYOTOは客席数60ほどの小劇場。ソプラノ歌手の太田真紀が真っ赤に彩られた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン