/

この記事は会員限定です

宝塚歌劇団、OGが「第6の組」 万博にらみ即戦力活用

[有料会員限定]

阪急電鉄は宝塚歌劇団の卒業生(OG)による公演を本格化する。歌劇団は花・月・雪・星・宙の5組体制だが、ファンの増加に公演数が追いつかない状況が続いている。2024年の創立110周年や25年の国際博覧会(大阪・関西万博)をにらみ、歌劇団とは別に「第6の組」としてOGを活用したい考えだ。

歌劇団は阪急の一部門。阪急の100%子会社、タカラヅカ・ライブ・ネクスト(大阪市)がOG公演を企画・制作する。9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン