/

この記事は会員限定です

若手・中堅の活躍目立つ演芸界 桂二葉・真山隼人に聞く

文化の風

[有料会員限定]
新型コロナウイルス禍の影響が尾を引く演芸界で、フットワーク軽く新たな活動に挑戦する若手・中堅が目立つ。昨年、女性落語家として初めて若手の登竜門NHK新人落語大賞を受賞した桂二葉と、このほど咲くやこの花賞を受賞した浪曲師の真山隼人。入門から10年を超え、評価を一段と高める2人に近況や今後の展望を聞いた。(聞き手は佐藤洋輔)

桂二葉、突き抜けた「アホ」追求

――入門以来、どのような落語家を目指してきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン