/

この記事は会員限定です

琉球舞踊と組踊、歴史や文化振り返る

[有料会員限定]

沖縄の伝統芸能の公演「琉球舞踊と組踊(くみおどり)」が22日、京都芸術劇場春秋座(京都市)で開かれる。琉球王朝の宮廷で楽しまれた組踊から、明治期の庶民の娯楽である喜歌劇まで、日本復帰50年の節目に芸能を通して沖縄の歴史と文化を振り返る趣旨だ。

組踊はせりふ、音楽、踊りで構成された歌舞劇で、琉球王朝で中国から訪れた使者をもてなすために創作された。上演するのは、生活苦で離ればなれに暮らす家族の再会を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン