/

いずみシンフォニエッタ大阪、2月に定演

いずみシンフォニエッタ大阪の定期演奏会「飛翔する感性」は2月6日に開催されるⒸ樋川智昭

いずみホール(大阪市)の専属楽団、いずみシンフォニエッタ大阪の定期演奏会「飛翔(ひしょう)する感性」が2月6日、同ホールで行われる。指揮者の大井剛史とサクソフォン奏者の上野耕平を迎え、酒井健治の「Photons」や、カーゲルの「DIVERTIMENTO?」を披露する。

酒井は大阪出身。「Photons」はサクソフォンの特殊奏法を駆使するリズミカルな一曲。「音で光の粒子、光線が飛び交う様子を描いたようなイマジネーティブな曲。聞いていて光の渦の中に入ったような気持ちになるはず」(大井)。「DIVERTIMENTO?」は演劇的な要素のある作品。演奏中に奏者が雑誌を読み始めたり、舞台から立ち去ったりといった演出をつける。「気楽に楽しんでほしい。予習は熱心にしない方が楽しめるはず」(大井)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン