/

この記事は会員限定です

桂二葉、花形の自負と勢い 「繁昌亭大賞」受賞記念落語会

[有料会員限定]

こんな存在を待っていたのかもしれない。一昨年秋、NHK新人落語大賞を獲得後またたく間にブレークした桂二葉。人気者は「第17回繁昌亭大賞」を最年少・最速の芸歴12年目で受賞、また新たな歴史を刻んだ。受賞記念落語会(1日、天満天神繁昌亭)では変わらず浪花(なにわ)っ子の自然体、けれど花形の自負と勢いがにじみ出ていた。

奨励賞の笑福亭鉄瓶が師匠の鶴瓶を継いだ「八五郎出世」で技量と力強い個性を示し、新設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関西タイムライン

コラム「関西タイムライン」は関西2府4県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)の現在・過去・未来を深掘りします。経済の意外な一面、注目の人物や街の噂、魅力的な食や関西弁、伝統芸能から最新アート、スポーツまで多彩な話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません