/

この記事は会員限定です

在阪4楽団、来年度プログラムに豪華顔ぶれ

文化の風

[有料会員限定]

在阪4楽団の来年度プログラムが出そろった。大阪フィルハーモニー交響楽団は巨匠シャルル・デュトワを指揮に迎え、日本センチュリー交響楽団にはピアニストの反田恭平が出演。過去2年間の中止・延期となった演目を来年度1年分に詰め込んだような豪華な顔ぶれが並ぶ。

大阪フィルの目玉は5月の定期演奏会。2年連続で来日中止となっていたシャルル・デュトワがストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」を指揮する予定だ。5月以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン