/

この記事は会員限定です

京都芸術大学・京都芸術劇場 研究者と共働で舞台作り

キャンパス探訪

[有料会員限定]

京都芸術劇場は京都芸術大学(京都市)の敷地内にある劇場だ。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」の2つで構成され、普段は伝統芸能や現代劇などを上演。研究者とアーティストが協力して舞台作品を作る拠点としても活用されている。

昨秋、コンクリート剝き出しの劇場搬入口を舞台に、ある演劇が行われた。演目は作家、多和田葉子の戯曲「夜ヒカル鶴の仮面」。企画を発案したのは劇団や作演出家ではなく、ドイツ文学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン