/

この記事は会員限定です

国会議事堂のデザイン 起源は神戸にあり?

とことん調査隊

[有料会員限定]

日本の政治の中心地、東京・永田町にある国会議事堂は、中央塔にいただくピラミッドに似た階段屋根が印象的な建物だ。この議事堂の外観デザインの起源となった建造物が神戸市内にあるという説を最近知り、驚いた。記者は神戸出身だが、説は初耳。真偽のほどを確かめようと現地に足を運んだ。

JR神戸駅から北に徒歩10分強。緑に包まれた大倉山公園内にひっそりと、石造りの四角い建造物が立つ。高さは3~4㍍くらいだろうか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン