/

花形の躍動に希望(歌舞伎評)

京都南座「吉例顔見世興行」

「廓文章 吉田屋」松本幸四郎(中央㊧)と中村壱太郎 (C)松竹

京都の南座は待望の吉例顔見世興行。

第1部は中村鷹之資(たかのすけ)が躍動感たっぷりに踊る「操り三番叟(さんばそう)」から。「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」は中村鴈治郎の又平が死を覚悟して手水(ちょうず)鉢に見入る姿に、朴訥(ぼくとつ)さの中に秘めた絵に対する一途(いちず)な思いを現した。中村扇雀のおとくがしっかり者の女房ぶりで、いいコンビだ。

第2部は「寿二人猩々(ことぶきににんしょうじょう)」で中村隼人と片岡千之助が連舞の妙技を見せた。義太夫狂言の重厚感を味わえるのが「熊谷陣屋」。片岡仁左衛門の熊谷は、前半の「物語」で戦場の非情と若武者への悲哀を台詞(せりふ)の緩急で情感豊かに描写。後半の「首実検」では身代わりの成否を賭けた緊迫感を緻密に表現して圧巻の演技だ。花道の「夢であったなあ」に無常感が漂い、今月一番の見もの。中村歌六の弥陀六は宗清という本性を義経に見現されて、自らの行いの結果に慨嘆し、痛憤し、最後は敵方の情けに感謝するという、感情の目まぐるしい変化を的確に表現して円熟の芸。

第3部も松羽目物の「末広がり」が配され、中村米吉の女大名と尾上右近の太郎冠者による若やいだ舞台が楽しい。和事の本場・京都で松本幸四郎が「廓文章(くるわぶんしょう)」に挑んだ。大店の若旦那ならではの伊左衛門の稚気をさまざまなポーズで見せて笑いを誘う。中村壱太郎の夕霧が祖父・坂田藤十郎の芸を継承して愁いを秘めながらも色艶を感じさせた。おきさに抜擢(ばってき)された片岡千壽(せんじゅ)が期待に違わぬ実力を見せたのが嬉(うれ)しい。上方式の手締めに観客も応えてめでたく幕となった。

今回の顔見世は、例年とは異なる形だが、20代の若手が多く活躍する舞台に希望が見出(みいだ)された。歌舞伎の明るい未来を信じたい。19日まで。

(大阪樟蔭女子大教授  森西 真弓)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン