/

この記事は会員限定です

「現代」投影、濃淡様々に 上方落語台本大賞発表落語会

[有料会員限定]

落語のネタをさす「噺」は「口へん」に「新」と書く。思えば意味深だ。時代に応じた感性で新鮮に聞かせる、そんな含みがあるんだろう。新作が求められるのは当然か。150編の応募があった「第5回上方落語台本大賞」。発表落語会(6月20日、大阪市の天満天神繁昌亭)は多彩な入選作が並び、濃淡も様々に「現代」を投影していた。

佳作の3作が世情を如実に映す。擬人化を用いて飼い犬が主人にサプリを買い集める妻の実態を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン