/

この記事は会員限定です

コロナ下の芸術祭どう開催 瀬戸内国際芸術祭の模索

[有料会員限定]

国内最大の現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」が14日から始まった。新型コロナウイルスの影響で制作と鑑賞に制約が生じるなか、「アフターコロナの芸術祭」への模索が続いている。

瀬戸内海に浮かぶ小島、豊島(香川県土庄町)。人けのない浜辺に、海を眺めるようにして設置された横長の椅子がある。オーストラリアのヘザー・B・スワンとノンダ・カサリディスの作品「海を夢見る人々の場所」だ。レンタル自転車で浜辺を訪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン