/

この記事は会員限定です

祈りと復活テーマにパイプオルガン演奏会

[有料会員限定]

パイプオルガンとハンドベルの演奏会が12月4日、京都コンサートホール(京都市)で催される。祈りと復活をテーマに、パイプオルガン奏者の大木麻理がリストの「バッハのカンタータ《泣き、嘆き、悲しみ、おののき》による変奏曲」などを演奏する。

演奏会の曲目については、クリスマスらしい曲を軸にしつつも、新型コロナウイルス禍に見舞われた1年の締めくくりを意識して死者への追悼や苦しみからの救済という意味を持つ作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン