/

この記事は会員限定です

人形劇と浪曲競演 森見登美彦「有頂天家族」を舞台化

文化の風

[有料会員限定]

人形劇団クラルテが「有頂天家族 二代目の帰朝」を近鉄アート館(大阪市)で上演した。森見登美彦の人気小説シリーズ2作目にあたる同名原作を舞台化した。浪曲師の真山隼人と曲師(三味線)の沢村さくらが参加。現代京都で暮らすタヌキ、人間、天狗(てんぐ)が騒動を巻き起こす奇想天外な原作に新たな彩りを加え、独自の世界を紡ぎ出した。12月24日から配信公開する。

狸や天狗が騒動

「人間は街に暮らし 狸(タヌキ)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン