/

この記事は会員限定です

吉本興業110周年 多角化の源流に林弘高

時を刻む

[有料会員限定]

吉本興業ホールディングスが創業110周年を迎えた。お笑いや演芸の人気は根強く、その土台を築いたのは創業者の吉本泰三、せいの夫婦とせいの弟、林正之助の3人だ。だが、最近の映画事業などへの多角化についてはどうだろうか。歴史をさかのぼると、せいと正之助の弟である林弘高の存在が浮かび上がる。

笑いの枠超え

4月2・3日。ホームグラウンドである、なんばグランド花月(大阪市)で「伝説の一日」と銘打った110...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン