/

この記事は会員限定です

腹話術に社会ネタ、大人の芸を育成 全国大会催し研さん

やないあつ子(腹話術師)

[有料会員限定]

侍姿の人形が、歌を歌う。曲は「上を向いて歩こう」。人形は口をパクパクさせているが、実際に歌うのは横で人形を操る腹話術師の男性だ。彼は歌に合わせて、おもむろにボイスパーカッションを披露し始める。1人の人間の喉から、歌声にシンバル、ドラム、レコードのスクラッチ音など、たくさんの音が同時に聞こえてくる。会場が息をのんだ。

今年2月、神戸市内で開いた「F-1腹話術グランプリ」。約100人がエントリーし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン