/

この記事は会員限定です

鑑真和上像搬出で法要 奈良・唐招提寺

[有料会員限定]

奈良市の世界遺産・唐招提寺は8日、国宝の鑑真和上坐像(ざぞう、8世紀)を寺から一時的に送り出すのに先立ち、法要を営んだ。移動中の無事と安全を祈願するもので、坐像は27日から京都で開く特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」に出展される。坐像が寺外に出るのは12年ぶり。

法要には西山明彦長老ほか僧侶3人が参列。坐像の前で般若心経などを唱えた後、輸送業者が入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン