/

この記事は会員限定です

能で学ぶ日本の宗教 山本能楽堂で公演

[有料会員限定]

山本能楽堂(大阪市)は7月から来年3月にかけて、全5回のシリーズ企画「能から見た日本の宗教」を催す。相愛大学学長の宗教学者、釈徹宗をゲストに招き、神や仏教に関連する能を上演後、対談や解説を通して、能が内包する中世の宗教観を読み解く。

第1回は7月3日、冤罪(えんざい)で左遷され憤死した菅原道真が霊となって現れる能「雷電」を上演する。第2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン