/

この記事は会員限定です

長唄公演 松本幸四郎、桂米団治がゲスト出演

[有料会員限定]

長唄三味線の杵屋勝七郎による公演「響の宴(うたげ)」が17日、ロームシアター京都(京都市)で開かれる。勝七郎や弟子の芸妓(げいこ)らが演奏する長唄の名曲とともに、交流のある歌舞伎俳優の松本幸四郎、落語家の桂米団治が踊りや語りを披露する。

1960年生まれの勝七郎は10歳で三味線を始め、三代目市川猿之助(現猿翁)公演で初舞台を踏んで以来、数多くの歌舞伎や舞踊の会に出演...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン