/

久石譲、京都・大阪でセンチュリー指揮の演奏会

4月に日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に就任した作曲家の久石譲が9月、関西で本格的に同楽団の演奏会に出演する。20日には京都コンサートホール(京都市)で特別演奏会を、24日にはザ・シンフォニーホール(大阪市)の定期演奏会を指揮する。

20日の京都特別演奏会では、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」と、久石自身が作曲した映画音楽を演奏会用に編み直した作品を指揮する。24日の定期演奏会では久石作曲の弦楽合奏曲のほか、エストニアの作曲家、スメラのチェロ協奏曲、ベートーベンの交響曲第7番を指揮する。チェロ奏者は佐藤晴真。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン