/

この記事は会員限定です

玉也、義を貫く権四郎を克明に「錦秋文楽公演」

[有料会員限定]

11月の大阪・国立文楽劇場は3部制による錦秋文楽公演。吉田和生、桐竹勘十郎、吉田玉男を中心に人形遣いたちの技が光る。

3部でそれぞれ趣は異なるが、ドラマの重厚さで推すなら2部。「ひらかな盛衰記 松右衛門内/逆櫓(さかろ)」では準主役級の権四郎を遣う吉田玉也の演技が出色。市井に暮らす老船頭ながら信義を重んじた生き方を貫く。

例えば、詞章に書かれていない場面でも仮眠するという松右衛門を気遣って足音を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン