/

高橋悠治と波多野睦美の共演コンサート

演奏会ではCD「ねむれない夜」収録曲などを披露する©HAL KUZUYA

作曲家でピアニストの高橋悠治とメゾソプラノの波多野睦美が17日、大阪府の豊中市立文化芸術センターで演奏会を開く。1970年代に12歳で命を絶った少年が書いた詩に高橋が曲をつけた作品「ぼくは12歳」などを、高橋自身のピアノ演奏で波多野が歌いあげる。

高橋と波多野は昨年12月に「ぼくは12歳」などを収録したCDアルバム「ねむれない夜」を発売しており、コンサートはCDの発売を記念したもの。CD収録作のほか、初演となる新曲「旅だちながら」も披露する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン