/

この記事は会員限定です

追悼の演奏いまも アンサンブル神戸の四半世紀

阪神大震災機に室内楽団設立、記憶風化させぬとの思い胸に 矢野正浩

[有料会員限定]

1995年1月、神戸市は阪神大震災によって甚大な被害を受けた。フルート奏者の私は市内のあちこちに建てられた仮設住宅に一つ一つ足を運び、慰問コンサートを催した。それをきっかけに室内楽団「アンサンブル神戸」を設立して今年で26年になる。

生まれは神戸市長田区の駒ケ林。古い木造民家が密集する地域で、いつもあたりには近所のソース工場のタマネギの匂いが漂っていた。両親の反対を押し切って音楽の道に進み、10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン