/

この記事は会員限定です

戦前の帝室技芸員、京都の150点展示

[有料会員限定]

戦前、旧宮内省から「帝室技芸員」として顕彰・保護された美術家や工芸家のうち、京都ゆかりの作家の日本画や陶磁器など約150点を集めた特別展「綺羅(きら)めく京の明治美術ー世界が驚いた帝室技芸員の神業」が開かれている。京都市京セラ美術館で9月19日まで。

展示されるのは19人の作品。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン