/

この記事は会員限定です

デュメイ本領、ソリストに 関西フィルと蜜月12年目

文化の風

[有料会員限定]

関西フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めるフランス人指揮者、バイオリニストのオーギュスタン・デュメイ。2022年度の定期演奏会では指揮者ではなくバイオリンのソリスト(独奏者)として協奏曲を奏でる。円熟のアンサンブルは就任以来「良好な対話を重ねてきた」成果だ。

屈指の名品演奏

5月20日、大阪市のザ・シンフォニーホールで開かれた関西フィルの定期演奏会。プログラムの前半で、デュメイがバイオリンを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン