/

この記事は会員限定です

自粛経済、サービス業の苦境色濃く 目立つ倒産・廃業

コロナ1年、関西のいま㊤

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でインバウンド(訪日外国人)の追い風を失った関西で、小売り・サービス業の苦境が目立つ。初の緊急事態宣言が発令されて7日で1年。外出自粛や営業時間の短縮の影響も大きく、コロナ禍が長引けば倒産・廃業の増加は避けられない。

中高生や若者に人気の300円均一雑貨店「ミカヅキモモコ」。運営会社の三日月百子(大阪市)は新規出店に伴う借入金の増加に加え、外出自粛による売り上げ減で2月8日、自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン