/

クボタと三菱マヒンドラ、営農支援システムなどで提携

クボタと三菱マヒンドラ農機(松江市)は31日、国内事業で業務提携すると発表した。クボタが手掛ける営農支援システムを三菱マヒンドラの農機でも使えるようにすることなどを検討する。トラクター、田植え機、コンバインの相互OEM(相手先ブランドによる生産)も拡充する。両社は2000年代からOEMで協業してきたが、国内農業市場が先細る中でさらなる効率化を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン