/

この記事は会員限定です

パナソニック、進まなかった融合 電工解体へ決断

苦闘パナソニック(3)

(更新) [有料会員限定]

「『電工』は解体だ」。2020年11月13日、パナソニック社内が持ち株会社化の発表に揺れる中、旧松下電工出身の幹部は新しい組織図を見てため息をついた。22年4月、電気設備など旧電工の事業を継ぐ社内カンパニー、ライフソリューションズ社は家電事業と統合し持ち株会社傘下の事業会社「パナソニック」になる。住宅設備や建材は別会社に分離される。

電工が本流――。パナソニックが松下電気器具製作所として創業した1918年。最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン