/

この記事は会員限定です

関西の空港、新規路線就航が停滞 20年度は9分の1

[有料会員限定]

関西の空港で旅客の新規路線就航に急ブレーキがかかっている。関西国際、大阪国際(伊丹)、神戸の3空港をあわせて2020年度は3路線にとどまり、19年度の9分の1に減った。新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要が激減したのが響いた。新規就航は空港と航空会社の双方の成長に欠かせず、将来の成長に向けた種まきも滞っている。

20年度に関西の空港で新規就航した旅客の路線は、台湾の星宇航空(スターラックス・エア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン