/

この記事は会員限定です

琵琶湖で育むESG農業 滋賀、法人数伸び率全国トップ

関西データ解剖

[有料会員限定]

滋賀県で農業経営の法人化が進んでいる。農林水産省が昨年11月に公表した農林業センサスによると、法人数はここ10年で2.5倍に増え、増加率は全国首位。農業分野でもESG(環境・社会・企業統治)の重要性が高まる中、組織化を通じて経営基盤を維持し、担い手の確保や耕作放棄地の抑制などにつなげているようだ。

「優秀な人材を確保するためには、法人化して社会保障や福利厚生などを整えることが欠かせない」。コメや麦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン