/

この記事は会員限定です

日東電工、成長回帰に挑む元祖「ニッチトップ」の底力

大阪経済部 梅国典

[有料会員限定]

これまで数多くの「ニッチトップ」製品を生み出してきた日東電工。既存技術を他用途に展開したり、新技術に結びつけたりするのが強みだ。1950年代に生産を開始した電線を巻く絶縁ビニルテープが住宅建材や自動車部品の製造用フィルムに生まれ変わり、さらに現在ではスマートフォン画面の保護フィルムになった。足元で米中貿易摩擦による需要減やスマホ市場の飽和などの逆風が吹き付けるなか、新たなニッチトップ製品に活路を見いだそう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン