/

この記事は会員限定です

京樽、同業のスシローと再出発 吉野家との20年に終止符

[有料会員限定]

回転ずし大手のスシローグローバルホールディングス(GHD)は持ち帰り専門のすし店などを展開する京樽(東京・中央)を4月に買収する。京樽はバブル期の不動産投資などが響き経営破綻し、1999年に吉野家ホールディングス(HD)が資本参加し再建を支援してから約20年間。ここ数年は利益率が低迷し、足元では新型コロナウイルス禍が直撃している。スシロー傘下でてこ入れする。

京樽は1932年に京都市で創業した老舗外食チェーンだ。38年には東京・人形町に料亭を出店。酢飯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン