/

この記事は会員限定です

熟練の技、AIが継ぐ 手術や工事向け開発加速

(更新) [有料会員限定]

難しい外科手術や高度な建設作業など熟練者の動きをまねて働くロボットを制御する人工知能(AI)の開発が、国内外で加速している。人が経験などから習得した上手な技だけを選んで学び、そっくり再現する。「プロの技」を持ったロボットと一緒に働く日はそう遠くなさそうだ。

2本の腕を持つ手術ロボットとして有名な「ダヴィンチ」の実験用モデルが、針を持った指を器用に動かし、人の皮膚に見立てた布を見事に縫い合わせた。外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン