/

この記事は会員限定です

意図せぬAIの差別、ルールで防ぐ パナソニックなど

[有料会員限定]

人工知能(AI)が意図せず差別などを助長するのを防ぐため、製品開発などの際の倫理ルールを作る動きが日本の大手企業で広がってきた。パナソニックは2021年度中に、AIの判断基準を分かりやすくしたり、開発時の運用方法を定めたりする。先行するソニーグループに加え、日立製作所も倫理原則やルールの適用を始めた。AIを使った製品開発やサービスの普及が進む中、「AIの暴走」を防ぐ仕組みを明確にし、リスク対応を強める。

パナソニックはAI関連の指針を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン