/

この記事は会員限定です

日本触媒や日東電工、核酸医薬の原薬増産 市場拡大へ

[有料会員限定]

がんなどの治療薬として期待される次世代の医薬品「核酸医薬」の原薬で増産が相次いでいる。臨床試験(治験)だけでなく今後の市場拡大を見据え、日本触媒は10億円を投じ2021年中に生産能力を2倍に引き上げ、日東電工も25年までに増産に100億円を投じる。核酸医薬を生かした新型コロナウイルスの治療薬の開発も動き出している。

日本触媒は核酸医薬の有効成分である原薬を合成する装置を、吹田地区研究所(大阪府吹田市)に追加する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン