/

この記事は会員限定です

大阪の国際金融都市構想 同床異夢の船出、3つの理由

[有料会員限定]

大阪を世界の金融ハブにすることを目指す官民一体の推進組織「国際金融都市OSAKA推進委員会」が29日に発足した。2020年秋に大阪府の吉村洋文知事が立ち上げを発表してから4カ月あまり。行政がはやる一方で地元経済界の熱は高まらず、目指す青写真は一致しない。大阪での議論の火付け役となったSBIグループが掲げる構想とは全く異なる意見も聞こえてくるなど、同床異夢の状態でスタートを切ることとなった。

「国際金融都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン