/

この記事は会員限定です

大阪のアパレル健保組合、解散へ コロナで財政悪化

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

アパレルの製造・販売会社でつくる大阪既製服健康保険組合が4月1日で解散する。新型コロナウイルスの感染拡大で経営が厳しくなった加入企業からの保険料収入が減少し、財政が悪化した。健康保険組合連合会によると、新型コロナの影響で健康保険組合が解散するのは初めて。

同組合には約50社の従業員とその家族2400人ほどが加入して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り153文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン