/

岩谷産業、北海道で水素製造を検討 褐炭から

岩谷産業は24日、石炭の一種である褐炭から水素を製造する事業の検討を北海道で始めると発表した。褐炭を燃焼させてガスとし水素を抽出、その後に液化して国内で輸送する。採算性など事業化の可否を見極めながら、自治体や企業など提携先を募る。

水素の製造時に二酸化炭素(CO2)が発生するが、回収し地中に埋めることでCO2を排出しない「ブルー水素」と見なす。岩谷産業はオーストラリアでも同様の事業の検討を進めている。

水素は製造コストが高いという課題を抱える。褐炭は一般的な石炭に比べ不純物を多く含み、品質が不安定で乾燥すると自然発火する恐れがあるため輸送も難しい。褐炭は多くが利用されておらず、豊富にある北海道で水素の製造を検討するに至った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン