/

田辺三菱製薬、事実婚に結婚休暇 同性パートナーも

田辺三菱製薬は24日、結婚休暇や育児休暇、赴任手当の支給などの対象を事実婚や同性パートナーに広げると発表した。2021年1月から社内規定を改定し、申請すれば異性の配偶者と同様に扱う。性的少数者(LGBT)など従業員の多様性を尊重し、働きやすい環境を整備する。

製薬大手では大日本住友製薬が4月に同性パートナーシップを導入している。住宅手当や休暇取得などで社内規定での配偶者として扱う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン