/

レンゴー、ベトナムの段ボール会社買収 93億円で

レンゴーは24日までにタイの合弁会社を通じてベトナムの段ボール大手を買収したと発表した。買収額は約93億円。人口増加や経済発展で需要拡大の見込めるベトナム市場を開拓する。

持ち分法適用会社のタイ合弁、タイ・コンテナーズ・グループ(TCG)がベトナムのビエンホア・パッケージングの全株式の94%超を取得した。ビエンホアはホーチミン近郊に段ボールの2工場を持つ。レンゴーは2010年にベトナム市場に参入。今回の買収で同国の段ボール工場はグループで6カ所になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン