/

この記事は会員限定です

ダイダン、工事現場を自動で3D図面化 作製時間半減

[有料会員限定]

電気設備や空調設備工事を手掛けるダイダンは工事現場を3次元(3D)の施工データに変換する技術を導入する。人手による測量を自動化することで図面の作製に必要な時間を半分以下に短縮できる。このほか複合現実(MR)端末の導入など2024年3月期までに200億円を投じ、現場作業のデジタル化や働き方改革、新技術の開発を進める。

レーザーで空調設備や配管の距離や位置を計測するスキャナーを活用する。建築工事などの現場に設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン