/

JCRファーマ、「脳に届く薬」で承認取得 希少疾患向け

JCRファーマは23日、遺伝子難病群「ライソゾーム病」の一種である「ハンター症候群」の治療薬について厚生労働省から製造販売承認を取得したと発表した。独自技術を活用し、有効成分が脳に届く薬を世界で初めて実用化する。発売は5月以降となる見通し。

JCRファーマは有効成分を脳内に届ける独自技術「J―ブレイン・カーゴ」を持つ。脳が血中の鉄分を取り込む仕組みを利用し、鉄分を吸収するための「受容体」に医薬品成分をくっつけて脳関門を通過させる。外科手術を必要とせず、静脈注射だけで脳に薬を届けられる。将来は認知症などの治療薬にも応用できる可能性がある。

ハンター症候群は特定の酵素が作れず中枢神経の障害が徐々に重くなる希少疾患で、国内の患者数は約250人という。既存の治療薬では、ウイルスなどの異物の侵入を防ぐ、脳の血管内の「血液脳関門」をほとんど通過できない。中枢神経の症状に対して効果が期待できないことが課題になっていた。

今回承認を受けた治療薬は、海外ではブラジルで製造販売承認を申請している。米国や欧州で臨床試験に向けた準備も進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン